チロルチョコ

作りたいものはあれこれあるけど、材料を買いに行く暇がない(汗)。
だから基本的に家にあるものを使って手芸しております。

…別に貧乏性とかではないと思います、多分。。。


さて、今日はチロルチョコです。

チロルチョコ

チロルチョコです。



何の種も仕掛けも…


チロル裏

あります!

これ、チロルチョコの包み紙を使って作るマグネットなんです。
(隣のミルクチョコは大きさ比較用のホンモノです。)


このレシピを公開して下さっているのは
↓こちら~
チロルチョコの包装紙でマグネット(手作りなら、思いのママ。)


型紙をプリンタで印刷して、そこに包み紙を貼付ければOK。
簡単で可愛くって実用的♪
マグネット以外に缶バッジの作り方も紹介されています。

今度からチロルチョコを買う時は
味ではなくて可愛さ重視になりそうです。


以前の記事で、ラムネ菓子の包み紙が何かに使えないかと書きましたが
こういう風に元の形のまま使うのが一番可愛いなぁと気付かされました。



以前トンボ玉をネットで探していた時に、飴玉みたいな
色合いのトンボ玉を見つけました。

↓ここのパステルマーブルがそれです。
Kinari Online Shop :: セール品

こういうのをキャンディの包装紙で包んだら本物そっくりで
可愛いだろうな~、とは思うのですが…包んだら中身が見えない!

あ、トンボ玉を誰かにあげる時に、その包装として使えるかも。
ひとつひとつ包んで、瓶に入れてプレゼント!
…って、そんな機会はあるのか?


利用法を考えるのはなかなか難しいです。むぅ。


~*~*~*~*~*~

参考文献
手作りなら、思いのママ。
  Top > 作品レシピ > オススメ作品レシピ

スポンサーサイト



人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加中です。
お気に召しましたらクリック願います。

ブックカバーのアレンジ

そろそろ編み物関連の作品も紹介したいのですが
衣替えしないと出てこない(汗)。

今年はまだまだ暑そうなので
編み物カテゴリーはもっと先になりそうです…。


で、今回はブックカバーのご紹介。

以前、ベトナムのお土産にブックカバーを頂きました。

それがこちら↓
布ブックカバー

ご覧の通り、本を束ねるために革製の紐が
付いているのですが、そこに一工夫。
ウッドビーズを付けてみました。

些細な違いですが、ちょっと可愛さが増したと思っています。
(自己満足です。ええ。)


もうひとつ、最近知った印刷用ブックカバーについてもご紹介。

ブックカバー専用のイラストを公開して下さっているサイトがあります。
イラストをDLして、プリンタで印刷して、本に付ければ完成。

検索すれば色々出てきますが、中でも私のお気に入りが
↓こちら。
BookStyle

種類が豊富で、どれも可愛い!

見つけて速攻で印刷、本に付けました。
紙ブックカバー
左…023、右…050 です。

素敵なイラストが多いので、どれもこれも使いたいのですが
本を読む量の少ない自分は持て余し気味で…(汗)。

読書の秋も近いことですし、もっと本を読むように心がけます。


ちなみに紙のブックカバーの付け方は
↓こちらを参考にさせて頂きました。
紙で装うブックカバー・付け方(アトリエ)

手芸ポータルサイト・アトリエの「ブログに貼り付け」機能が
何故か作動してくれません(泣)。



----------
2011.03.20 追記

結構前のことですが(汗)、BookStyleのねりさんがこのページにリンクを貼って下さいました! 感謝!
こちらからもアクセスの便を高めるために右側のリンク欄にBookStyleさんを追加させて頂きました♪ →


人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加中です。
お気に召しましたらクリック願います。
copyright (c) Laboratory Garden all rights reserved.

プロフィール

clora

Author:clora
手芸とサイエンスが好きな社会人1年生です。

当サイトはリンクフリーです。
また、参考にさせて頂いたサイト様は感謝の念を込めて記事中にリンクを貼らせて頂いております。
もしリンクNGでありましたら修正致しますのでご一報下さい。

clora on twitter

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR