タティングに必要な道具:シャトルについて

次にシャトルについて説明致します。


タティングの道具の中で一番重要なのがこのシャトル。
…と言いますか、必要な道具はこれくらいです。


タティング用のシャトルは↓このようなものです。
タティングシャトル(フローラ) (クロバー株式会社HPより)

中心が糸巻きになっていて、先の角の部分はジョイントする(糸を輪から引き出して繋ぐ)時に使用します。
シャトルの種類も様々で、角の部分がかぎ針になっているものや糸巻き部分が取り外せるものもあります。


1個入りのものもありますが、大体が複数個入りで販売しております。
タティングに慣れてくると分かるのですが、シャトルは複数個あると便利です。(糸を巻く都合上。)
また作品によっては2つのシャトルを使って編むものもあります。(3個以上は未確認です。あるのかな?)


しかし継続して行うか分からないのに最初から複数個購入する人は稀でしょう。
また、手芸用品店の中にはシャトルを取り扱っていないところも多いようです。

そこで、シャトルの代用品を使ったり自作したりされているサイト様を以下、ご紹介致します。

----------

■ あるものを利用する場合

○ 洗濯ばさみを使う

洗濯ばさみで?!タティングレース♪(^^)/?1(アトリエ)
My style ハンドメイド ← 作者さんのブログです。

身近にあるものを利用するという点において秀逸!
私も最初はこの方法を利用させて頂きましたw
難点は糸を巻くのが面倒なことと、形がハの字なので結う途中に引っ掛け易いこと、ですかね。

手に入り易い、複数個用意し易いので「とにかく始めたい!」って方にお勧めです。
この他にもアトリエに作品をUPされていますので、そちらもどうぞご覧下さい。



○ 電気コードを巻き取るやつを使う

シャトルの代用品【タティングレース】(帯に短したすきに長し・改(あらため))

巻き取る為のものを利用する訳ですから、巻くことの出来るレース糸の量が凄いです。
ただ、どちらのご家庭にもある…とは言い難いですかね。

私はたまたま似たものを持っていたので試してみましたが、リンク先で紹介されているものほど細くなかったので結う度に引っかかって大変でした。
それでも現在は携帯用糸巻きとして活用しておりますw
細いタイプのコード巻くやつ(正式名何だろう?)をお持ちの方はお試し下さい。



○ 髪留めバレッタを使う

髪留めでタティング(邪道フェアアイル)

手に入り易さで言うと中くらいでしょうか。
細いので動かし易そうな感じがします。

…とはいえ私はこの方法を試せておりませんので、どうぞリンク先にあるコメントをご参考にして下さい。



○ ボビンを使う

いんちきタティングレース(きょうもてづくり)

ミシン用のボビンをそのまま使う方法。
私は初期に「要は糸の束が通れば良いんだよね☆」と小さい糸玉を直接通していたことがありますが…それの上位互換ですね、これは。(←何故思いつかなかったんだ自分!)

こちらもまだ試せておりませんので、リンク先のコメントをご参考にどうぞ。



■ あるものを加工する場合

○ アイスの棒を加工する

秋になると、タティングレース。(スマート雑貨ライフ)

アイスを買った時に付いてくる木製のスプーン。
あれを加工して利用する方法です。

この方法は、あるタティングの本でも紹介されていた…と別のブログで見ました。(←URL記録し忘れ)
同様の方法としてエコクラフトを同じ形に加工している方もいらっしゃいました。(←またURL記録し忘れ)



○ ボビンを加工する

タティングレース、ことはじめ。(HAZEL*)

こちらではミシンのボビンを加工されています。
ちょっとの工夫でこんなに使い易そうに変貌するとは!

糸の交換が簡単そうなので、そのうち試してみたいと思っております。



■ 完全に自作する場合


○ 厚紙等で作る

準備(もりちゃん日記 ☆ Mori's Diary)

リンク先にシャトルの絵があります。
これをプリントアウトして厚紙等に張り付け、その形に切り取って完成。

糸を巻く切り込みが斜めに入れられているところに慣れを感じます。流石。


とりあえずタティングレース--シャトル(タティングレース日和)

こちらは厚紙や段ボールで作成されています。
注目すべきは使い易い形について試行錯誤されている点。

それらシャトルの写真も掲載されていますので、とても参考になりました。



カルトナージュのタティングシャトル(sugar trip)

こちらは何と言っても可愛い!
丸いフォルムが手に馴染み易そうです。

カルトナージュということですので、おそらく厚紙に布を貼って作られているのだと思います。



○ ポリマークレイ(樹脂粘土)で作る

手作りシャトル(FOREVER BEGINNER)

これを見た時、思わず「その手があったか!」と心の中で叫びましたw
普通のプラスチックを加工するのは厄介ですが、樹脂粘土なら加工出来る!
まさに目から鱗でした。

こちらも是非試してみたいと思っています。

----------

私が見つけた&URLをメモしたのは以上です。
どれもアイデア豊かで面白い!

私もこれらのサイト様を参考に自作シャトルの作成を試みておりますので、それについても後日記事にしたいと思っています。


…しかしながら、やはり多くのリンク先で「市販のシャトルが最も使い易い」という記述が見られました。
私もそう思います。
なのでタティングを継続されるのであれば、お早めにシャトルを用意された方が良いかと思います。


最後に…様々な方法を提案して下さった先人達に大感謝!!



スポンサーサイト



人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加中です。
お気に召しましたらクリック願います。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) Laboratory Garden all rights reserved.

プロフィール

clora

Author:clora
手芸とサイエンスが好きな社会人1年生です。

当サイトはリンクフリーです。
また、参考にさせて頂いたサイト様は感謝の念を込めて記事中にリンクを貼らせて頂いております。
もしリンクNGでありましたら修正致しますのでご一報下さい。

clora on twitter

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR